『傾向&対策』シリーズ ◆福岡大学医学部 数学◆

数学Doctor's column

2018年9月2日

『傾向&対策』シリーズ ◆福岡大学医学部 数学◆

 

福岡大学医学部 数学『傾向&対策』

【試験時間,出題形式】90分で大問3題
【解答方式】穴埋め式+記述式
【GSS(Genuine Standard Score)=ジェニュイン偏差値】62
【数学の問題の難易度】全体的に標準だが、年度・設問によってレベル差がある。
【特徴】福岡大学医学部の数学は、第1問、第2問が穴埋め形式の小問で、第3問が記述式の大問である。
【絶対やっておきたい単元】福岡大学医学部 数学 最重要単元Best3:①数Ⅲ微積分、②場合の数・確率、③ベクトル
【2019年入試の予想項目】Genuine生は12月に提示、一般公開は1月になります。
【問題のボリュームvs時間】問題のボリュームに対して試験時間はだいぶ余裕がある。
【2018年の予想項目的中率】80パーセント

ジェニュイン代表 本田裕次のワンポイントアドバイス

福岡大学医学部 数学の第3問は、毎年数Ⅲ微積分が出題されます。ここは配点が大きいので、一次合格するには完答が必須でしょう。落とすと大きく失点します。
第1問、第2問は合わせて小問6題が出題されます。ここは、予備校でしっかり勉強していれば解ける問題が多いですが、年によってはかなり難しい問題が出題されることもあるので、注意しましょう!この類の難問は合否の分かれ目にはならないので、できなくても構いません。
第3問は記述式なので、途中経過をしっかり書く答案作成力を養っておきましょう。

  • 一覧に戻る
  • Next
Page Up